ナレーションを録音して動画を作成【広告を作るために必要な技術】

再生マーク

マーケティングを行う

動画マーケティングは現在多くの企業が宣伝のために行っているもので、動画を作ることでネット上の多くの人に宣伝したい商品などを知ってもらう手法です。動画は情報量も多いので、その商品のメリットなどを簡単に相手に伝えることができます。

詳しく見る

PC

ウェブ制作の依頼と要点

東京には数多くのWEB制作会社が存在しますが、これらの事業者の専門性や費用形態には大きな違いが見受けられます。そのため、企業がWEB制作会社に作業を依頼する際には必要とされる優先事項をまとめておくことが大事です。

詳しく見る

ホームページ

中小企業は30万円で十分

非常に幅があるのが、企業向けのホームページ制作にかかる費用。安いプランであれば30万円ほどですが、ECサイトの場合には1000万円ほどが必要なケースもあります。京都のホームページ制作会社には無料で相談できるため、まずはプロのアドバイスや提案を受けましょう。

詳しく見る

パソコン

企業ホームページの役割

ホームページ制作の企業は大阪等の都市圏に多く見受けられます。この中でも各分野の企業から人気を集めているホームページ制作企業が集客率のアップや独自性の強調を得意とし、臨機応変なカウンセリングなどを提供している事業者です。

詳しく見る

女性

優れた人材が在籍している

ナレーションの録音は専門の業者に依頼しましょう。業者には老若男女問わず優れたナレーターが多数在籍しており、その依頼に応じたナレーションを行います。近年では外国語に対応している業者も増え、年々その需要は高くなっています。

詳しく見る

Web動画の魅力

男性

動画と収録の関係

昨今、さまざまな場所で広告を目にします。特に、Webやスマートフォンのアプリケーションではナレーション付きの動画がよく見かけられます。広告収入により利益を得る企業も多い中、Web広告の力の大きさというものの大きさがよく分かるでしょう。そんな大切なWeb広告をより魅力的にするものの一つが、ナレーションです。ただ読み上げているように感じますが、よく聞いているとニュースや企業のCM,バラエティ番組のCMのナレーションとすべて違った印象を受けると思います。ナレーションを読み上げるナレーターには表現力が求められるのです。楽しい場面で棒読み、暗いニュースで明るい声では不快なのはご想像いただけるでしょう。こうしたテクニックと、録音技術、Web編集力が合わさり、初めて人々がついタップし見てしまう広告ができあがるのです。録音の場面では、収録前に演技の指示や方針の説明をうけ、リハーサルを行い、本番という流れで行われます。映像を見ながら、演技指示や方針に沿った読み方をしつつ映像や動画の秒数に合わせて録音をするには確かな技術が必要です。普段、何げなくみている広告ですが、私たちがそれぞれ惹かれるような広告には、こういったナレーション、録音、そしてをれを編集するインターネットコンテンツの編集作業の素晴らしい技術があるからだと思います。たとえば、カーソルをバーの上に動かすと自動的に音声が流れるような広告、クリックすると音声付動画が流れるなど、使用者の気を引く広告を作るために必要な技術、ナレーション・録音・動画編集は三位一体の関係になるのだと思います。